ノンシリコンシャンプーの中身と選び方

150403376144_tp_v

何故ノンシリコンシャンプーなのか?

 

最近というか、このごろというか・・・

ノンシリコンシャンプーが増えましたね。

私的には、どんな感じかなと聞いてまわったのですが、「合う人は合う」

「合わない人は合わない」といった感じでしょうか。

昔から、シリコンは良くないなどとありました。これは実は、あまり良いとか良くないとかではなくシリコンというものは

水質性であれば、簡単にお湯で流れ落ちるようです。ただ、形状が網目形状のため、昔からダメだといわれる他、体に悪影響を及ぼすのではないかということから、シリコンは良くないとされてきたのだろうと思います。

 

しかし、本当に毛穴や髪の毛によくないものは、「つまってしまうもの」

洗い残しや不純物が残ったまま・・

つまり、しっかりと洗浄しなかったものが付着し、髪の健康を損ねているということです。

また、シリコンというものはコーディングに使用する成分であり、それを髪の毛の洗浄に使うわけですから

かなり危険と言ったところでしょう。

つまり、髪の毛や頭皮が呼吸できなくなる素材だと、かなりまずいわけですが・・・・・・・・

実はそのような商品でもノンシリコンシャンプーの成分として発売されています。

 

これは正直びっくりな内容です!

 

シリコンでなくても、コーディング剤、つまり髪の毛に対してコーディングする成分が入っていても

ノンシリコンシャンプーであると・・・・・

考えれば考えるほど謎です。

また、シャンプー終了後、リンスやトリートメントにそのような素材があれば

まったく意味ない!!!

しかし、感覚がつかめました!!

以上のような内容を参考にし、自分なりに一番良いかな思われるものを選ぶときは

まず、アミノ酸の成分があること、硫酸を含むものは避ける事

なんとかメコチンやなんとかポリマーは合成成分だから避ける事

 

これを覚えておけば、たいがい残るものは少なく、消去法でドラックストアなどで

選ぶことができます。

 

また、実際に一番大事なことは「すすぎをしっかりすること!!」

 

シャンプーは、良いと思ったら変えることなく、自分で試してみて一番合ったものを選び、長く使用したいものですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です