風水によるインテリア配置や部屋の家具位置を決めるおすすめ方法

elly20160702342120_tp_v

こんにちは、さて今回は風水を書いてみようと思います。

私も引っ越ししてもう2年がたちました。

前回住んでいたマンションの下の部屋に移動しただけで、前回の住んでいた部屋はというと6ヵ月しか住んでいませんでした。

その部屋は移り変わりが激しく、ワンフロアに6戸ありますが、その部屋だけ出入りが激しいことが後でわかりました。

そういったようなことが普通に起こってしますので、そのぐらいのタイミングで風水や間取りに興味を持ちました。

玄関など、作ってしまった建物や現在住んでいる家はしょうがないのですが、ちょっとした工夫で金運が舞い込んだり、健康であったりとしますので参考にご覧ください。

 

風水 部屋 インテリア 方角

風水の言語は文字の通り、水と風の原理であり、地球上に存在する気の流れの中で人間が存在していることが前提に考えられています。

その影響が住まいをしている人間にも表れ仕事や恋愛、生活をしていくうえで影響力を及ぼします。

最初はインテリアの方角を見直すことにより、これから良くなるや自分を守るうえで参考にしてください。

絶対大事なのは掃除をすることです。

そうしないと汚い物と綺麗な物、清潔にすることにより、大気の運気が心地よくなります。

いくら、どこに何を飾ろうかと一生懸命考えても、常に掃除をしてきれいにしておかないとせっかくのインテリアや部屋、住居も台無しになります。

できれば、掃除しやすいすっきりとした部屋にしておきたいですね。

窓を開けて、部屋の換気をしましょう。

せっかく、きれいにした家も換気をしなければ、十分なパワーがでません。

寒い、暑いからと言って換気を怠っては、十分な気も取り入れれません。

そもそも、人間の体にもよくありません。

換気と言う字はしっかりと「気」が入っています。

空気と言う字もしっかりと「気」が入っています。

これを忘れずに行いましょう。

また、水や空気が出入りする部分は、しっかり掃除をしてきれいにして運気を導きましょう。

 

ペットボトルに装着する加圧式スプレーです。威力が違いますので、届かなかった部分まで、圧力の力で洗浄することが出来ます。是非お試しください。

風水 インテリア 場所と配置

基本的に住居に絶対的にあるものは、方角です。

部屋の中心から東西南北に何があるかがわかると思います。

たとえば中心から北の方角に玄関があって、西の方角に窓があるとか寝室があるといったことをまず把握しましょう。

何もない状態から家具を配置して行くと思いますが、人間の本来心に持っている情報というのがあります。

たとえばここにタンスを置きたくないな。

中央にダイニングテーブルを置いて、ここに椅子を置いて、観葉植物はここが良いなと言った、心の判断があります。

これは、古来から伝わる人間の本心からくる、情報です。

その為まずは、どの部屋に何を置いたら良いか考えてみましょう。

ものもと、人間は古代から外で生活しており、自然と共に生活していました。

このように自然と生活するうえで植物と共に生存してきたということで、本来の自然に少しでも近づけるように観葉植物があるとよいですね。

エバーフレッシュは夜になると、葉を閉じてしまいます。電気がついていても葉を閉じます。不思議な木です。是非お勧めです!!花言葉は「夫婦の円満や幸福」を意味しています。縁起が良いですね。*私の自宅では天井まで伸びてしまいました←場所を変えたら一気に成長しました。

 

風水 インテリア 場所と配置 玄関

風水的には、太陽が昇って光が差し込むと言うことから、南向きの玄関や東南向きの玄関が吉とされています。

太陽が昇る方向は、いつの時代もどの本を読んでも輝かしい強運をもたらすとされています。

この方角に玄関が無くても、光る、光をもたらすといった意味合いのものを置きましょう。

置くといっても、ライトの光や照らす効果があるものが好ましいです。

私の場合は、電球をダブル仕様にしています。

玄関に人が入ってきたときに、自動で光るタイプが一つと、手動でつけたり消したりできるものが一つあります。

一つは玄関の上で、もう一つは廊下につながる部分は手動の電球をつけています。

そして、色はオレンジ色のなるべく光るLEDを設置しています。

できれば、太陽の光に似たタイプを選んでいます。マンションの入り口にしては少しワット数が大きい40Wを選ん使用しています。

風水 インテリア 場所と配置 選び方

さて、色々と前ふりで書いてきましたが、何を基準に自宅をどのようにすればよいのかと疑問になってくると思います。

そこで、基準として我が家は、どのような家かどうか、分かることが最初です。

どんな気が入ってくる家かということです。

基準に判断する材料として、必ずと言ってよいほど見なくてはいけないのは玄関です。

玄関を基準にしてどのような住居かを判断します。

玄関は気の入り口になりますので、ここからすべてが始まるという事と同様に考えましょう。

その後、間取りの中にあるキッチンや寝室などを工夫すればよいので最初に方位磁石などで玄関の位置を把握しましょう。

先ほども書きましたが「明るい玄関にすることを忘れずに!」

 

風水 インテリア 場所と配置 玄関北

%e7%8e%84%e9%96%a2%e5%8c%97

玄関が北にあるときの状態です。

南側は「離」と言います。この住まいでは、豪華な家具やセンスを良くするという住居が似合います。

人嫌いだった人が住むことにより、たくさんの人たちと携わることができたり人を引き寄せ、豊かな生活と快適な住まいを送ることにより、来人が多く、住んでいる人も社交性や人との協調性が生まれ明るく楽しい生活をすることが出来るとされています。

その為、お洒落な住まいを目指すような方やお洒落なインテリアを好みます。

 

風水 インテリア 場所と配置 玄関西

%e7%8e%84%e9%96%a2%e8%a5%bf

玄関が西にある住居です。

木を意味しており、左斜め上、右斜め下に長細い家が好まれます。

自然の恩恵を受ける和の雰囲気や風潮がでます。

できれば和室や日本風が似合います。その為、自然も物をできるだけ取り入れたようなインテリアが好まれます。

日本古来の住居のインテリアは、ほとんど自然を利用したインテリアで形成されていましたので、このようなものを取り入れてなるべく自然と調和したものを目指しましょう。

そして、子孫繁栄でも有能型で家族は健康と財運になると言われています。

 

風水 インテリア 場所と配置 玄関南

%e7%8e%84%e9%96%a2%e5%8d%97

南にある玄関です。

この場合は、どこの場所に建物があるかが問題です。

夜景名綺麗な場所や人通りが激しい場所よりも、地味で低層階やひっそりとした場所に存在した住居であればあるほど良いとされています。

これは、水を意味した建物と言われ、秘かに鍛錬をし結果を生むと言われたものなので、努力が結果を生むとされるようなイメージです。

例えば、頑張って努力して毎日を積み重ね、出来上がった結果に対し財産や幸福を得るといったところです。

人柄的には、技術系や研究系の人柄が良いですね。

割かし派手目ではなく地味な感じです。

落ち着いたインテリアや居心地の良い、明るくないトーンの配色が良いとされています。

人は向き不向きがありますが、どことなく引っ越したら今迄の自分が違うふうに見える場合がありますね。

 

風水 インテリア 場所と配置 玄関東

%e7%8e%84%e9%96%a2%e6%9d%b1

最後に東の玄関の説明です。

金運があり明るいとされている家です。

かなり派手目ではなくやや派手目のイメージを持ってください。

これは、気に入られたりするといった受け身や自分が得意なことを伸ばすという部分を持ちます。

その為、少し明るく、少し明るい人、少し温厚な人、といったかなりバランスがとれた状態でなおかつ、普通よりも良いという内容です。

人間性が保たれるほか、自分の興味や趣味をプッシュしてくれます。

オススメなのは、家の中に気を送れるように、オブジェや絵、きれいな写真などの飾りがとても似合います。

 

風水 インテリア 場所と配置 運気 下げる

さて、東西南北を説明してきましたが、他にも方角はありますが、せっかくの試しても駄目になる場合があります。

それは、この世の中でよくない事、それは、悪口や怒りなど負とされているものです。

ちゃんと財運や健康運に恵まれた素晴らしい住居にもかかわらず、心霊スポットに行ってみたり、他人の悪口を言っていたり、喧嘩してみたりということは、運気どころか邪気を放っていることと同じになります。

気の流れも良い気が入ってきても、悪い気で潰すどころか、もっと自分たちで悪くしている状況なのです。

他人を見下したり、悪いことをしようとしたりと本来の人間がしてはいけない行為であり、やったらやったぶん自分に帰ってくると昔から言いますね。そのような人は確実に運気に恵まれないと思います。

日本や世界には、まだまだ不思議な力があると思っています。

科学では解明できないことです。人間は未知のパワーをしっかり受け止めて、幸せに暮らしていくことがもっとも大事なのではないでしょうか。

風水 住まい 磁場 運気 場所

引っ越しの時に、この部屋どうしようかななど迷った人はかなり多いのではないでしょうか。

私もこれで3回目も引っ越しになりますので、部屋選びは時間がかかったことと、不動産屋さんに何もない部屋に連れて行ってもらった時にイメージが出来なく、迷ってしまいました。

そして、風水的にもどうかななど色々な踏み切れない要素が多く、迷いますね。

そこで知っておきたい住居選びのセーフティネットである、良くない磁場というのがあります。

このような物件に移住してしまうと大変です。磁場というのは地球の東西南北にあるちゃんとした、地動きがしっかりしているかどうかです。

それがよくないと風水どころではありません。

また人工的な要素で左右されます。例えば高圧の磁場を発している電線があったり、発電所があったりすると磁場が狂います。

ちゃんとした場所か確認するためには、方位磁石を持って行ってそこが本当に大丈夫なのかしっかり確認しましょう。

正常であれば針はそのままですし、狂っていれば変な動きをします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です