射水市 縁結びならやっぱりココ!! 大門町 櫛田神社(くしだじんじゃ)

sopuIMG_3375_TP_V

今回は、富山県西部に位置する市、射水市よりご紹介します!
射水市は大門町の南西の郊外に位置する櫛田神社はペアで参拝すると結ばれるといわれています。

 

射水市 大門町 パワースポット 観光 櫛田神社 縁結び由来

串田神社は、延喜式内社で「日本神名帳」にも記載されている由緒ある神社である。

大和朝廷に従っていた地方の豪族が部族の祖神を祀ったのが起源とされる。祭神は、須佐之男命(すさのおのみこと)と櫛名田比売。
神話の世界で、須佐之男命が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したときのこと。櫛名田比売の投げた櫛が大蛇の首に刺さり見事退治に成功したとされる。

縁結びにご利益があるのは、夫婦になった二人を祀ってあるからで、家紋ならぬ社紋は櫛名田比売の櫛を描いた円の中央に須佐之男命にちなんだ剣が配置されている。

 

射水市 大門町 パワースポット 観光 櫛田神社 縁結び以外のご利益

境内には枝が大きく二つに分かれた夫婦杉が立っている。この杉には、子宝に恵まれるご利益があるとされ、嫁と母親が揃って祈願したり、枝にまたがる女性もいるという。

 

射水市 大門町 パワースポット 観光 櫛田神社 他にも!

敷地面積は約2300平方メートルで、県道富山・小矢部線に面した正面の鳥居から本殿までの参堂は約300メートル。道沿いには杉や欅、松がうっそうと茂る神聖な空間となっています。
また、境内の中には、「大伴二三彌 ステンドグラス記念館」が社殿に寄り添って建てられています。
ただし、常時開館しているわけではないので、見学希望の方は櫛田神社へお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です