インテリア 最初に選ぶ 間取りや空間の配色について

ima20160724291614_tp_v

皆さんこんにちは、今日はインテリアの記事です。私のサイトでもインテリアの記事にたくさんのアクサスを頂いています。

その為、職業柄色々な家を回ってみると私なりに築いたことがあり、少し記事にしてみようと思います。

参考にしてみてはどうでしょうか。

インテリア 自分が好きな色の家具について

最初は、人間だれでも好きな色がありますね。

自分が好きな色のインテリア商品は、他の色と比べてほしくなってしまいますね。

ところがです・・・色によってはトーンという明るさというか彩色を持っています。

その為、自分が好きな色と言っても、たとえば明るいピンクが好きなのか、暗いピンクが好きなのかというところを意識しましょう。

彩色というのは、明るさと鮮明度で比較されます。よくイラストレータなど使う人には理解できると思います。

基本的に簡単に言うと、同じ赤色でも

①明るいか暗いか

②色が鮮明かどうか

この2点を意識するとよいと思います。

この2つの使い方で選んだ色が、部屋にどのようにマッチングするかです。

そして、この色をどこにどのように配置するかで大まかな、部屋の持つ雰囲気を変えることが出来るのではないかと思います。

インテリア 自分が好きな色 家具の配置

住まいにも、アパート、マンション、持家といったさまざまな部屋が存在します。

新築であれば、そこそこはじめから、部屋の雰囲気を理解して建てれると思いますが、アパート、マンションや賃貸住宅、事務所はなかなかそうはいきませんね。

そこで、インテリアの配置をどのようにして、家具を選べばよいかという点が問題になります。

最初に説明した①②ですが。この情報をしっかり頭に入れて物件などを選ぶと家具を自ずとどのようなトーンの色でどこに配置すればよいかが、イメージがしにくくなるのではないかと思います。

物を先に選ぶよりも、部屋のどこにどの色があればよいかと想像した方が、家具選びは一層楽しくなります。

例えば、私的に最初に見る部分は完全にフロアや床の色のトーンです。この色が暗い場合は、地味な色ばかりを置くと、しっとりした暗い感じになります。例えば、黒いソファーなどを配置するなど・・

 

ですが、極端なカラー配置はかなりNGだと思います。ある程度の配色を気にしてみて配置するようにしましょう。

その為、最初に床のトーンや光の入った時の部屋全体の色のトーンを気にするようにしましょう。

インテリア 自分が好きな色 配置する場所

さて、今度は、どこにどの色のトーンというか色彩のものを持ってこようかと考えます。

そこで、部屋の中でも、暗い場合に感じたら、色彩の強い明るいものが目立ちますが、あまりにもインテリアと合わない場合は避けるようにしましょう。

その他、窓の部分にはどの色が良いかを考え、その様なインテリア商品を選ぶとしっくりくると思います!

その他、ソファーなどを置いたら、座ってみて、そこから見える景色にどの色が良いか、どこにどのトーンの色のインテリアを持ってこようかと考えてみましょう。

自分がいる位置から見るポイントでも、違ったように考えますのでご参考にしてください。

また、高さもちょうど良いように統一させるとよいです。

インテリア 配置 観葉植物や自然のものを

さて、インテリアですが人間が住む住居ですから、なるべく自然のものを選びたいですね。

絶対的に体に良く、風水的にもかなりGOODではないでしょうか。

その為、私の場合ですが、最初はフローリングの部屋に良くいましたが、だんだんと畳の6畳の部屋で過ごすことが多くなってきました!

最後に

今回は、私なりの意見で考えて書いてみました。特に床のトーンに注意するとよいと思います。例えば、床のトーンを変えるだけで全然部屋として変わります。実際に見てみてビックリしたほどです。

みなさん、是非ご参考に考えてみてみてはどうでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です