色で決めるインテリア家具!色が与える知識と印象

heyainteria

みなさんこんにちは、今回は、色のお話をしてみようと思います。その中でも色の与える印象についてです。

家具を買う時や、インテリアをコーディネイトするときに色を意識してみて、配置したり購入したりするとよいのではないでしょうか。

色ばかり重視も良くありませんが、人間にとってどのように色が影響しているかを書いてみようと思います。

今回は、家具や小物と言ったものに、ほとんどすべて、色がついています。面積が大きい物の色の印象を受けやすいと捉えてください。

そのため、この色をここに置けばよいという風水的なことでは無く、

たとえば部屋の家具で一番大きい物の色がソファーの黒色だったら、毎日生活していて結局、その黒色ばかり視野に入るわけだから、黒色が人間に及ぼす影響はどのようなものか。

といった具合です。

インテリアの色 灰色や黒色の印象について

最初は、普段の家にある灰色や黒色の印象です。インテリアといえども、壁紙や床、天井も意識してみてください。

灰色や黒色は、一番生活に存在している色ではないでしょうか。

色の印象

まず、黒色ですが、闇の色です。この色はすべての色が集まった色と言われています。その為、最終形態の色として存在します。

どちらかと言うと、厳格な雰囲気と堅苦しく重い印象を与えます。洗練された色でもあり、ものを引き立たせる色になります。

少し、恐怖を感じさせる存在の色としてもあります。たとえるなら「黒づくめの衣装」と言えば、ドキッとするという感じです。

少しグレーがかかった感じ、例えば灰色と呼ばれる、コンクリートの色に近づくと、人間とのかかわりや交際が上手であると言う印象があります。

インテリアの場合は、他の色と交るとその色どおしが引き立つことでもあります。良くデザインに使われています。

その為、印象としては、他の家具としてのかかわりや存在する雰囲気も良く、落ち着いた雰囲気になります。癒されたり、リラックスできたりとマルチな活躍をするのではないでしょうか。

重要なのは、他との協調性です。混ざることで、お互いの色が強調されて、グレーや黒が生き生きしてきます。

脇役として、使用しても良し、逆に、グレー、黒の面積を大きくして、存在感を出すとともに、上品で洗礼された空間になります。

インテリアの色 白色について

今度は、反対の白色です。純白の白と言う感じです。綺麗や清潔な印象がありますね。

ただ、汚れているとかなり目立ちます。他の色が混じると汚いのが、一層と汚く見えます。

フローリングも白色にすると、明るく感じたり、さわやかな気持ちになりますね。

色の印象

先ほどの文章にも書いた通り、清潔なイメージや純粋感があります。

黒とは違った鮮麗感があります。

光の反射もあり、より空間が明るく感じます。

良く美術館やレストランに多く取り入れられますが、使いすぎると無機質なイメージを与えることになり

人間が、そこに生活すると精神的に嫌になってきます。

その他、他のものと強調することで、白いがいのモノを反映することができます。

美術館を想像すると良いと思います。

例えば、白色を使うにしても材質に関して気を使ってみてはどうでしょうか。

同じ白色を部屋に入れることにしても、木材に白色のペイントを施すことと、クロスやテーブルを無機質な素材というか、プラスチックや合成材料にするかにしても随分と違います。

ポイントは、光が反射するか、どの程度かでバランスを取ったり、素材を検討したりしましょう。

インテリアの色 緑色について

緑は、人にとってもやさしい色です。目にも優しく、人を癒す色とされています。

自然に存在する森や草木の色なので、古来から人とともに存在してきた色です。

嫌いな人はいないのではないでしょうか。

色の印象

色の効果は、普段の忙しい生活から、解放されるようなのんびりとした感覚になれ、癒されます。

平和や豊かさがでますので、ぜひ取り入れましょう。

例えば、観葉植物の葉が多いものを取り入れて、より自然な緑を取り入れると良いと思います。

その他、自然を連想させ共に過ごすと言う風なことを考えれば、椅子やソファー、好きな方は、テーブルまで緑と言った感じにしてみてはどうでしょうか。

インテリアの色 青色について

さて、今度は、青色です。

青色は海や空の色が連想されますので、感覚的には大きい面積に青色を塗ると、スケールを感じたりします。

色の印象

先ほども、海や空を連想させることもありますが、寒さや冷静さを感じさせます。

特に、冷たく感じるという場合があり、使い過ぎると寂しくなってしまいます。

暖かさとは正反対の印象を与えるため、使いすぎにはバランス感覚が必要ではないでしょうか。

基本的には、落ち着きや冷静さがありますので、良い部分はこの部分です。

インテリアとして、私的にオススメなのは、赤と青を隣どおしに並べると言ったことを良くします。

このようにすると、お互い通しの色が張り合って来て、よりカラフルに見えます。

赤が前に出るや青が前にでるといった、協調性のバランスがかっこよく出ます。

インテリアの色 赤色について

今度は、青の正反対の赤色です。この色は情熱的で、興奮したといった感じの燃える色です。

火のイメージが強く、燃え上がる活動を意味しています。

勝負事の闘争心ややる気が出る色です。

色の印象

色の印象は、意欲的かつ活発的になれる色です。元気になりますね。

その反面、短気になったり、すぐにイライラしたりしますので、使いすぎには注意です。

明るく、活発になれる色なのでうまく使いましょう。

先ほども紹介したように、赤色で活発に、青色で冷静に、この2つの組み合わせは非常に面白いです。

元気が欲しい時、暗くなっているときは赤色が効果を発揮します。

癒しが欲しい時や落ち着きたいときは青色で・・

と言うような感じです。

特に明るい赤色は、ピンポイントに配置しても目立ちますし、全体的に見て最初に入ってくる色です。

その為、赤のマーカーや赤鉛筆がありますね。

使い方として、例えば、部屋の地味な部分に赤色を持ってくる等の使い方などが目を引きますので効果的ではないでしょうか。

その他、目立たせるという効果もありますので、うまく使いましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です