良くない会社の会議 「会議してもまったく意味が無い」  逆効果を生む 内容の会議とは

kaigi

皆さんこんにちは、今回は、会社で良くおこなわれる、会議や打ち合わせの内容です。

アッと思う方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

さて、今回は、会議で何をするかということをテーマとして取り上げてみようと思います。

毎日、毎日会議や打ち合わせをする会社もあれば、ほとんどしないという会社まで様々です。

しかし、一言で言えるのは、会議をする、しないにかかわらず、働いている人が十分に働いて売り上げを上げているかがポイントです。

要するにすることをしっかりとみんなができているかどうか。

これをおこなう為に会議と言うものは、存在しています。

このように定義しておかないと、全然違う方向で会議や打ち合わせが開催されます。

出世していくと、だんだん、打ち合わせや話し合いの回数が増えるのではないでしょうか。その都度、内容に対してどのように考えているか、もう一度見直す必要があるのではないかと思います。

最初に

どのようなことがきっかけで、社内会議が行われる・・・そして、ダメだなーーーと思う会議を見てみようと思います。

ダメな会議は、会社にとって「負」のものを招きます。いっそうのことしない方が、良いのではと思います。

おこなうのであれば効果的に、と言う内容ですが、ひとによっては効果があった、わからない、ダメだった、とか色々ありますが。

一番ダメなのは、満足した です。何も生みません。疲れただけです。

充実感>達成感

これでは、何も生みません。

それでは、項目毎に取り上げてみたいと思います。

是非、今勤めている会社はどうか、参考にしてみてください。


会社でダメな会議「みんなで考えよう」の会議

最初にこれです。それでは、始めますと言った時から、誰も意見を言わなかったりします。

その前に、会議になってから、ひとりひとりが考え始めます。

これでは、お話になりませんね。時間ももったいない。

もしも、どんどん意見が出てきたとします。

今度は、収集がつきません。

議題もさまざまだと思いますが、考えが出たところでまとまりません。

まとまったとしても「良かった」や「疲れた」で終わってしまう場合が多いと思います。

会社でダメな会議「情報共有」の会議

さて、次は良くある、直近の状況と情報の共有の会議です。確かにいい点が沢山ありますが、失敗するとグチャグチャになります。

今回のテーマでは、ダメとして取り扱った負の情報をお伝えすることにします。

まず、情報の共有化ですが、ポイントを踏まえている人はうまいのですが、良くない例として、その情報を共有したり、他社員に教えると返ってデメリットを生む可能性が多くあります。

例えば、ここまでしなくても良いんだ・・・これでいいんだ・・・あそこの部署はどうのこうので・・・私たちは良かったね。

というように、ネガティブというか嫉妬したり僻んだり、人を見下したりと言ったものを返って持たせる原因となる可能性があります。

その為、情報の共有化をする場合は、どこまでどの人がという決め事を十分に作っておかないとなんでもかんでも、共有化と言う風にすると、逆に仕事がはかどらなくなったり、ものごとの情報が多すぎて、仕事が進まなかったりと、仕事をする上で不利になるケースが多いです。

食べ物で言うと、最初から定食を頼んで食べるのと、バイキングでたくさんの料理から選んで食べるという

後者の状態になる可能性が高いです。この場合、納得できて完璧に食するには、バイキングが良いですが

はっきり言って、食す人間の自己満足でもあります。

これだけ量があったら、選んでこなすのに時間がかかると言っても過言ではありません。

これが、たくさんの情報を人に出すと言うデメリットになります。

最初から食べ物が決まっていれば、そのままおいしく食べることができるからです。

情報の共有は仕事が有利になる情報を選んで、共有しましょう。

会社でダメな会議「最後まで何をすれば良いかわからない」の会議

さて、次は会議が終わって

今の会議は一体なんだったんだ?

結局のところ何をすればよいのか?

という疑問を残したまま、終わってしまう会議があります。

というか、参加している人はさっぱりわかならいまま、終わってしまうと言うものです。

例えば、参加者が話まくって止まらないや質問に適当に答えて、どんどん話ばかり・・・

話しているのは、感情や感覚の話ばかりで言いたい放題、言う人は会社の権限がある人

そして、終了して売り上げや結果が下がると怒られる。

ということを繰り返しすると、だんだん嫌になってきてしまい、どうすればよいのだと路頭に迷う人が増えます。

このような人が上司にいる場合は、働く人たちがバラバラに作業をしやすく、まとまりや一体感がなくなってしまいます。気をつけましょう。

会社でダメな会議「完璧すぎる・細かすぎる」の会議

次はというと、完璧すぎる、細かすぎるという人がいる会議になります。

例えば、一人の人が状況や内容を発表したとして、質問に対して、どんどん細かく追及したりするまでは、まあまあ許せるのですが・・・そこからです。

では、もっとこうしてみると良いと言ったり、挙句の果てには、

こうしなかったから、ダメだった。

もっと結果が出せた。

ベストな結果を出せなかった。

私ならこうする。

なんで、こうしなかったんだ、ああしなかったんだ。

といった発言者に精神的なダメージまで与えるぐらいの、しつこさがある人が、会議で、このように追及する場面です。

 

普通に考えると、発言しているのは実行をしていない、第3者なのです。

このような人が出てきて、徹底的に物申されると正直嫌になってしまいます。

これが続くと、適当な報告、突込みができなくなる報告だけを会議で発表する体質になりかねません。

その為、結局のところ真実が全く見えてこない状態になります。

このような傾向がどんどん続くと会社の体質が悪くなります。つまり、簡単な言い訳や騙し合いや表情や人を見て、突っ込まれない様に対応するという人が増えてくる傾向にあります。

会社でダメな会議「やりすぎ」の会議

これも、よくありません。やりすぎと言うのは、すぐ何かあったら「打ち合わせ・会議」を連発する会社があります。

特徴としては、簡単なことにリスクばかり唱えたり、こうなったら、ああなったら・・・ばかりを話し合い時には、論点からずれて行って、脱線してみたりと言うことが多いです。

 

ひとことで言えば慎重すぎることが、特徴です。

例えば、書類を少し整理することを会社で行う際に、では会議します。と言って初めて、途中で地震になったらどうする。火事になったらどうするなど、そこまで言う人も登場します。

このような、習慣を身に付けてしまうと、個人個人が自覚して仕事をすることができません。

つまり、どこからどこまでの上司に聞いたり、報告したりしてよいか分からなくなり、命令もしっかり理解するまで、動けなくなります。

また、上司にしても、どうしてこんなことをしたんだ・・と怒る、上司も出てきます。

会議でこうだっただろう、ああだっただろう・・と言われる場合があります。

やりすぎ会議には、やりすぎて、いちいち、その時の状況も覚えておらず、時間と回数が莫大な量を費やすので、情報もビックデータになりすぎて、混乱を招きます。

会社の業態にもよりますが、やりすぎると仕事をする為の「動き」が鈍くなり、しまいには硬直化してしまう傾向があります。

そして、最大の負のバージョンが「かなり疲れる」「もうバカバカしい」というような感情に変わってしまいます。

やる気がなくなってしまう体質になってしまうのではないでしょうか。

最後に

さて、色々な会議がありますが、根本的にいってみれば、社員のやる気が失せるものはダメだと思います。

その様に、やる気がなくなる会議はたくさんあると思います。

自分の会社はどうでしょうか。ダラダラしているものや、わけもわからず終了する会議はないでしょうか。

是非、参考にしてみてください!

 

>世界で一番やさしい会議の教科書 [ 榊巻亮 ]

価格:1,728円
(2017/4/11 13:21時点)
感想(1件)

>★EPSON ビジネスプロジェクター EB-W420 液晶プロジェクター プレゼンテーション 会議等に活躍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です