幻の日本犬『越の犬』について

ELFAIMG_2578_TP_V

海外では日本犬がブームのようですが、日本犬のイメージといえば、狩猟犬と後は飼い主以外の人には懐かないので番犬に向いているというくらいでした。

他にはどのような特徴があるのかと調べていくうちに、絶滅してしまった日本犬がいることを知り興味を持ちました。

その絶滅してしまった犬種「越の犬(こしのいぬ)」について紹介したいと思います。

 

-日本犬の種類と特徴-

日本犬の種類

現在日本には「日本犬」として6犬種が登録されています。

それは、日本犬保存会によって定められた「日本犬標準(スタンダード)」により、大型・中型・小型に分類されており、そこに登録された各犬種が国の天然記念物に指定されています。

現在登録されている犬種は、秋田犬(大型犬)、紀州犬・四国犬、甲斐犬、北海道犬(中型犬)、柴犬(小型犬)の6犬種ですが、かつてはもう1犬種「越の犬」が登録されていました。越の犬も国の天然記念物に指定されていますが、現在は残念ながら絶滅したといわれています。

日本犬の特徴

  • 四季の変化が明瞭な日本の気候に対する耐性に強い。
  • 狩猟犬として野山を駆け回ったり、飼い主と協力して狩猟の諸作業に従事できる高い身体機能を持っている。
  • 「悍威」気迫と威厳、「良性」忠実で従順、「素朴」飾り気のない地味な気品と風格を根本的な性質として持っている。
  • 体、肢、吻はしっかりとしていて、三角の立ち耳、広い額、くるんと巻いた尻尾もしくは巻かずに前方に傾斜した差尾が特徴。

日本犬の体格は数千年前の犬の姿からほとんど変化がなく、犬そのものの原型をとどめているといわれています。

また、日本犬は忠実で従順な性格であるため、主人にはとても忠実だが、よそ者には警戒心をみせるため番犬に適した性格といえます。

 

幻の日本犬『越の犬』-特徴と歴史-

越の犬は、北陸地方を原産とする中型の日本犬ですが、純血種はすでに絶滅しています。
000000837991koshinoinu

出典:とやま学遊ネット

越の犬の特徴

越の犬は、北陸地方の山間部で古くから猟犬として飼育されていました。仲間同士で連携して、イノシシやシカなどの大型獣を仕留めることができたと伝わっています。

姿は、典型的な中型の日本犬で、骨太で筋肉質の引き締まった体型をしており、顔立ちは精悍。被毛はショートコート、毛色の制限はありません。

日本犬の特徴ともいえる、「立ち耳」・「巻き尾」も持ち合わせています。

性格は、勇猛で忠実、そして警戒心が強いのが特徴で、主人には従順で、その主人と狩りをするパック(一緒に狩猟を行う猟犬)て認識した仲間以外にはあまり感情を露にしなかったといわれています。

越の犬の歴史

越の犬は、もともと富山県では「立山犬」、石川県では「能登犬」、福井県では「大野犬」という風に地域ごとに違う名前で呼ばれていましたが、その犬たちには決定的な違いがほとんど見られなかったために、越の国の犬をまとめて「越の犬」と呼ばれるようになりました。

越の犬は、昭和9年12月28日に天然記念物として指定されました。同じ年に「越の犬保存会」が発足ているが、狩猟の能力を重視したブリーディングを行っていたために、その体型や毛色にばらつきがあり、同一基準に収めて認定・保存するには困難を極めました。

日本各地で地元に根付いた地犬の一種ですが、それらの犬と区別された上で天然記念物に指定されたことからわかるように、狩猟適正に優れた犬だったことが伺われますが、越の犬自体がもともと希少種であったのと、保護活動が盛んに行われることがなかったために、純血種は減少の一途をたどりついには絶滅してしまいました。

 

最後に

越の犬の絶滅は、国の天然記念物に指定されたからといっても、きちんと受け継いで保存していく努力をしなくては純血種というものは守られないものだということを認識させられるものでした。

越の犬と同じ地犬でも、川上犬や琉球犬のように県の天然記念物に指定されて未だに大切に受け継がれている犬たちもいると聞きます。

日本犬保存会のホームページには『日本犬は、国の天然記念物に指定された六犬種だけで、新犬種が発生することはありません。ましてや、外国から新たに入ってくるということもありません。』という記載がありますが、それでも日本の地犬たちが長く大切に受け継がれていくといいなと願わずに入られません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です