熱中症の症状と対策について

nettyuusyou

皆さんこんにちは、5月に記事を書いていますが、かなり今年もあついですね。

30度を上回る気温は、さすがに夏なのに5月だけどと言った感じがします。

さて今回は、熱中症の症状や対策について書いてみようと思います。気温が上がり、普段よりちょっとだるいかなと思った方は多いのではないでしょうか。

私自身もそうですが、いきなり熱くなると体の体温調整がついていかなくなり、しんどく感じるのではないかと個人的に思っています。

中でも暑い日は、酸欠になって立っていてもグラグラするのはそのせいではないかと思います。

個人的な意見ですので、立証したわけではありませんが、そんなふうに思います。

いつも思うのが、暑さや寒さに対応できるカラダ作りをしておかないと、辛いなと思います。

今回は、熱中症になっているやなりかけている時の症状を書いてみようと思います。

該当する方は多いと思いますので、是非参考にしてみてください。

熱中症かもしれない症状 めまいがする

これは、初期に出る症状です。最初の症状なので少し変だなと思った時にすぐに対処しましょう。悪化すると具合が悪くなるので、早めに気づきましょう。

30度以上あるような、とても暑い日に、外で仕事したり遊んでいたりすると、体がほてってきます。その為脳まで影響を及ぼし温度が上昇します。

このために、熱中症になってしまいます。やばいと思ったら、水分補給や塩分を補うことが重要とされています。

その他、涼しい所に行ってクールダウンするほか、できなければ、日光の当たらない所に行く、その他体に直接、水や氷を当てて冷やすことをしましょう。

その時に、横になって休んだり、椅子に座ってじっとしたり、体の運動をさけましょう。

熱中症かもしれない症状 筋肉が痛い けいれんする

運動をしていたり、山に登ったりするときに、筋肉が痛くなったり痙攣するなどの症状が現れた場合は、絶対にとは言いませんが、熱中症の可能性があります。

その為、このような症状の場合は熱中症の症状にとなっている場合があります。

この場合は多くあるパターンは、体を動かしたり、太陽の下にいると体温が高くなり、汗をたくさんかきます。

汗をかいたからといって、水を多くとると、水分は補給されますが、発汗したときに体から出た塩分を補うことが出来ず、このような状態になると言われます。

その為、水だけではなく、塩分も取るようにすると良いとされています。

その為、体温が上昇して起こるのではなく、塩分の不足によりなるパターンが多いようです。

スポーツドリンクと言ったような、体を動かす時に摂取するものを取りながらおこなうようにしましょう。

熱中症かもしれない症状 からだがすごくだるい 吐き気 脱力感

こちらは、少々ではなく、かなりこのような状態になってしまう場合は、かなり注意が必要です。

異常な吐き気がしたり、体がだるくて力が入らない状態や立っていても、ふらふらしてめまいが続いていると言う場合です。

この状態は、進行具合による段階的もかなり来ていますので、病院に言った方が良いです。

症状になる原因は、今まで説明してきましたが、自宅の中でも環境があれば、熱中症にかかり体がおかしいなと言うふうにもなる可能性もあります。

その為、外に出ていないのに熱中症にかかっていないだろうと思わずに、すぐに病院に行ってみてもらう方が良いと思います。

最後に

熱中症は、塩分を含む水分を摂取し、体を直射日光で高温化させないようにすることが熱中症にかからないように工夫する対策だと思います。

その他、急な温度変化、要するにいきなり暑くなった日や湿度が高くなる時にも起きやすいので注意しましょう!

少しでも変だなと思った時点で対策をとらないと悪化しますので、気をつけるようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です