猫が人気ですが・・・

p1080323_tp_v1

先日、妊娠中に出会ったプレママと、児童館で偶然にも再会しました。
彼女とは、入院中に同室だったことで知り合いました。私は妊娠4か月の時に、切迫流産で2週間ほど入院しました。出血が止まらないので病院へ行くと、即入院を告げられ、車いすで病室へ運ばれて行きました。その部屋の1番手前のベットにいたのが、彼女でした。彼女は切迫早産で1か月以上も入院中で、既に妊娠34週になっていました。
入院中は特に話をするわけでもなく、あいさつをする程度の間柄でした。しかし、切迫流産・早産はベットで1日中を過ごすため心細く、同じような境遇の人が同室にいるだけでも救われました。
その後、彼女は臨月に入った36週に退院していきました。私もその翌週には退院しました。彼女が無事に出産したのかもわからず、すっかり忘れて過ごしていました。
そして、あの入院生活から1年後、彼女と児童館で偶然再会したのです。彼女の子は男の子で、もう1歳でした。お互いに無事に出産できたことを喜びました。また彼女と会うことができて良かったです。

 

ネコを迎え入れる心の準備

ここ数年ネコブームが続いています。ネコは人間をいやしてくれますし、人間の良い家族になってくれる身近な生き物ですね。ネコはイヌのように人間に忠実な生き物ではないですが、ネコにはネコの良いところがたくさんあるのでそれに気がつくことが大事です。

ネコを飼ってみて、こんなはずじゃなかった・・・ということもあるでしょう。ネコを飼う前は「かわいいから飼いたくなった」「前からネコと一緒に生活したかった」などの理由でペットショップなどへ行きネコを買ってくるのでしょう。

そして家に連れて帰って家の中に離したとたん家具に傷をつけたり、ものを破いたり、飛び跳ねて小さな子供を泣かしたり、いろんな行動を起こすと「こんなにやんちゃだなんて知らなかった」「こんなに暴れるなんて思わなかった」ということになるのです。

ネコブームにつられるようにして気軽にネコを購入しないで、一つの命ですから一生めんどう見る覚悟でネコを迎え入れてほしいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です