冬のブラックバス釣り

ame_jigokunumakouyou_tp_v

こんにちは、今日は真冬のブラックバス釣りです。

私もここ2年はバス釣りをしていませんが、知識は確実にあります。

その為あらゆる情報を使って経験談をお教えします。

冬の時期のバス釣りは今までシーズンoffということで、釣りの時期ではないと従来まで言われてきましたが、あらゆる環境変化を参考にして、手堅く釣るといったことができるので、皆さんも参考にしてくださいね。

冬 バス釣り 野池 選び方

陸っぱりでは、野池が好きな人が多いと思います。しかし、真冬になると寒くてしんどいので効率よく探った方が良いです。

また、夏と違って、植物で邪魔されていた釣り場が植物が枯れて逆に釣りやすくなっていたりと、寒いけれど釣りはしやすいといった状況です。

また、天候にも大幅に左右されここといったピンポイントを絞れれば釣果に必ずつながります。

ここからですが、私の野池の選び方は、以下のポイントに絞ります。その項目と理由を追って説明します。

・近くに温水が流れる建物等ないかどうか

これは、必ずといって良いほどつれます。また、野池自体、急激な温水の流れ込みは、必ず魚が集まります。

基本的に水温です。水温が15度以上であれば可能性があります。また流れ込みの逆側(一番遠い所)の温度も計測するようにして明らかに差がでたらチャンスです。

 

・障害物の中に隙間ができるポイントがあるか

隙間ですが、テトラポットや立木の隙間に魚が入れるポジションがあるかどうか?

あったとしても水温はどうかです。この内容は魚が障害物の中に入っている状況です が・・

この場合は、捕食できなくなり動けなくなった場合の可能性があります。

水温10度を境目に経験上では、動き回る魚と身をひそめる魚がでてきます。

動き回るタイプは捕食が盛んで太った魚ですが、身をひそめる魚は、もともと捕食することが苦手や体力が無いという魚なので釣ろうと思えばつれますが、基本的にネバる釣りをおこないたいパターンです。

ラバージグを隙間にめがけて入れようとすることが多いと思いますが、かなり繊細な魚のため、軽めのダウンショットリグなどのふわふわ落ちてくるワームにしてなおかつ、色はチャートカラー系の目立つカラーにしましょう。

チャートを選ぶ理由としては、他からも発見されやすくリアクションバイトを誘えるからです。

また、10度ぐらいの水温になるとザリガニは冬眠してしまいますが、エビや小魚は隙間に入りじっとしている状況ですのでザリガニを意識した釣りはなかなか難しく、バスはザリガニだと思って捕食しない傾向にあります。

・水中の地形の変化を意識して

野池では、必ずといってよいほど深い場所は存在します。

かすかな変化でも深いか深いのであれば、駆け上がりかドン深かなど地形の変化はあります。

この場合ですが、サーチするといって、ハードベイトを投げまくるのではなく、ピンスポットに落としてみましょう。

ハードベイトでの釣り(ミノー、スピナベイト、シャッド)を投げるのではなく、縦の動きができるものたとえば、ジグヘッドワッキー、ダウンショット、スイミング系ラバージグ、鉄板系(メタルバイブ)など、落ちてくるものにリアクションバイトで反応を促します。

なぜそのようなことを言うかというと、横の釣りをした場合、魚が発見しても追い切れない、逆に場を荒らすように嫌がる。

といった状況が発生し、スレル場合があります。人間の言葉でいうとイジクらしくしてリアクションバイトをさそう。

目の前に落として、ずっと微かな動きをステイさせて食わすような動きを意識するとよいと思います。

かかった場合は、ゆっくり竿をあおり合わすようにしましょう。冬の当たりは重いだけといった、反応が微妙です。

・暖かくなる場所があるかどうか

野池では、暖かくなる場所が存在するかどうかにもよります。

平坦な人工的貯水池のような長く四角い物がスタンダードですがこのような場合も深い所暖かくなる場所を見つけることが大事です。

人間も寒くなると少しでも暖かいところに行きたいです。

暖かい場所は水温とは関係なく、あたたかい日を浴びて少しでも安定した水や温度が上昇している場所です。

流れ込みではなく、人口貯水池では、護岸沿いのコンクリートでなおかつ天気の日には温まりやすく魚が差してくる場合があります。

小型の魚もそこに溜まってくるので、そのようなポイントを持っている池かどうか判断しましょう。

・暖かくなる場所の水温の基本

少し脱線しますが、ブラックバスの水温と魚の関係ですが、簡単に言うなら

魚は、水面や水温の温度が20度あるかどうかです。

もしも20度以下なら、ボトムでじっとしている可能性が高いです。

基本的に魚は、暖かい場所に集まってきます。

水温が20度になると私の見解ですが、トップで出るということになります。

・暖かくなる場所が無い場合は・・

このような場所が無い場合、もしくはわからない場合は、日が昇って日差しが暖かいなと肌で感じたら、まずは、1メーター弱の場所をトレースしてみましょう。

この場合反応が得られない時は、逆に深場をスローで探ることを優先しましょう。

 

・野池の情報量とバスの傾向

野池では、小規模から大規模まであります。

小規模のバス、大規模のバスは少し性質が違います。

これだけで判断することは難しいですが、例えて説明すると小規模のバスは、人間でいうなら、自宅の6畳の部屋にひたすら引きこもっていると言った例えとすると、大規模のバスは半径20kmを行き来しているバスといえるでしょう。

もちろん後者の方が、さまざまな情報を持っています。

ところが、食べるものから活動する範囲、色々な環境に適用しているため、捕食活動が獰猛であったり、少々雑であっても、まずは受け付けるといった傾向が見られます。

これは、環境にマッチしている動物の本能的行為ではないかと思います。

その逆パターンで小規模の閉鎖的状況で生息してるバスは、食べるもの、見るもの、環境、全てが毎日同じといったパターンを持っています。

その為、かなり動作ひとつひとつにとっても繊細です。

 

この2つのパターンであることから、個体差や大小のパフォーマンスもありますが、よく自分なりに理解して野池を攻略しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です