高齢者雇用 65歳 雇用推進助成金が始まりました

green_fr_tp_v

こんにちは、65歳以上の高齢者による為の助成金が平成28年10月より施行されましたので記入しようと思います。この助成金は定年の引き上げや撤廃をおこなうことにより高齢者が働きたいという意欲があれば労働ができるという内容です。その為、定年退職せざる得なかった人が、継続して労働できるようになりました。管轄は、厚生労働省ですが、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構からの助成金です。この手の助成金の最初は少しゆるいですが、だんだんと改正されていきますので興味のある方は今のうちから取り組んでいった方が良いのではないでしょうか。

助成金 要件を満たしているか

要件を満たしているか、又はどんな場合に受給の資格があるかということですが。

1・この就業規則や内容を制定する際に経費として費用を負担したこと。←過去形ですが、申請までにかかった費用が発生していることが前提です。

2・就業規則を整備していること←労働協約でも良いですが、定年を引き上げできるかどうかです。

3・1年以上勤務している60歳以上の被保険者がいるかどうか←1人以上です。

その他、細かい取り組みもありますが、この3つがあれば可能性がありますので、前向きに検討出来る可能性があります。

会社が押さえておきたい労働者への取組み

助成金を申請したい会社はたくさんあると思いますが、事業主が簡単に考えて命令する場合が多くありますが、きちんと整備していないと、助成金は本来なら申請できるものが申請できず、アレッ となるケースがあります。その為、設立したときや築いたときは、きちんと整備しましょう。

まず最初にしなくてはならないのは、「雇用保険適用事業所設置届」です。

これは、会社が労働者に対し雇用保険をとれるように設置届を出すということです。これをしないと雇用するにしてもハローワークで求人を出すにしても不可能です。基本的に労働者系の助成金の申請は、雇用保険がかかっていなければ何もできないと言っていいほど過言ではありません。

その次ですが、「就業規則」の制定です。

この書類は、労働者への規則ですので、万が一の事があった場合にこの規則に基づく判断が多く、逆になかったらなかったで大変なことになるケースも多いですので、しっかり作っておきましょう。今回もこの規則の変更です。まだ制定していない場合は作成をしましょう。

労働者が発生したら、必ず労働保険をかけましょう。雇用保険適用事業所設置届がなければ、労働保険が取れません。このようなケースにならないように心がけましょう。

上記の3つをしっかりと定めておくことが、短時間労働者の雇用にとってはほぼ必須ということです。

その次に、短時間労働者ではなく、フルタイムの労働者が発生した場合は、社会保険と厚生年金を取得しなくてはなりません。

その為、健保協会などに「厚生年金保険・健康保険 適用事業」を申請します。これをしないとフルタイムの労働者が発生したときに、厚生年金と社会保険に入れません。また、経験のあるケースですが、社会保険を取得申請したときに、保険カードが送られてきますが、この待っている時間の間に病院へ行くという場合が良くあります。その為、申請したときに社会保険を申請しているという書類を取得しておくと、その書類を持って病院へいき、カードはまだ未達であるという内容で診断を受けることができます。申請したからと言って安心せずに、カードが到着するまで書類を持っていましょう。ちなみに、この書類は窓口で申し出しないと発行してもらえないので気を付けましょう。

まだまだ、高齢者の雇用に関する情報や助成金が年々充実してくると思います。現在の日本はかなりの労働者不足を招いているため、定年の引き上げや、高齢者を雇用したときの助成金など、企業に対する高齢者雇用が積極化されていますので今後必ず、高齢者の働くといった環境を整備していくことが大事ではないかと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です