シーバス釣りで陸っぱり、昼に使いたいルアー

elfadad_tp_v

今回は、釣りです。結構人気のシーバスゲームについて書こうと思います。

シーバスを釣ったら感動してはまってしまいますね!

メジャーなのが夜のゲームです。

 

昔からはシーバスは夜釣りでおこなうものと定番化されていましたが、現在はディゲームでもメジャーになってきています。

 

その為、もっと今後は進化していく釣りの一つだと思います。

今回は、河川の内容を自分なりに書いてみたいと思います。

 

シーバス 昼 ディゲーム ルアー

シーバスディゲームの時間帯ですが、朝まずめ、夕まずめとあるように朝早くか夕方ごろが、夜以外ではベストの時間帯ではないかと思います。

 

ポイントにもよりますが・・・満潮や干潮にも左右されやすい状態ですが、リバーシーバスの場合は、川まで上がってくる個体数がどのくらいいるかも関係性が高く、個体がいないところで一生懸命ルアーを通していても意味がありません。

 

また、捕食スイッチが入らないルアーは使っていても見向きもしない場合があります。

その為、水温や時間帯が関係なく捕食スイッチが入るルアーを投げましょう。

 

基本的にミノーを遠投して、探りますがパターンにも寄り切りです。

私の中でお気に入りは、クルクルのチャートカラーです。

ミノーも良いですが、フラッシングの集魚効果に物足りないのでこれを使います。

また、浅い所、深い所の状況が分からずこれをつかいます。

竿を上下させたり、しゃくったりして状況をみます。

動きを止めたらひらひらと落ちていきますので、使い勝手が非常に良いです。

ミノーの場合は短調な動きですので、あまり私は使わない傾向にあります。

 

ただ、ディーブの部分があったり、底がエグレていたり、さらしの中にルアーを投入しなければならない時は、ディープレンジのミノーを利用します。

 

このように初期の段階と、地形やポイントが分かった時点でルアーを切り替えていきましょう。

 

バレーヒル(ValleyHill) ルアー 邪道 クルクル ファーストアタック 20G 5 バーストメテオ

新品価格
¥1,264から
(2016/12/19 11:46時点)

シーバス 昼 ディゲーム ルアー 色

ルアーの色ですが、ほとどの種類は、ナチュラルカラーからチャートカラーまでありますが、その時の状況におおじて利用します。

私の場合は、まず水の色、ポイントの状態、魚が発見できるかどうか。

 

このぐらいを相対的に考えて色を選びます。

最初にある、水の色ですが、これはこの水の色で魚がルアーを発見できるかどうか見極めます。

 

私のいつも行く場所に関しては濁っている時で、増水している時が爆釣します。

 

これは何故かというと、この状態になった時に魚がしっかりとしたベイトかどうか判断せずに捕食するのではないかと思います。

 

逆の場合に水が透き通っていて、減水傾向にある場合は、チャートカラーは通用せず、ナチュラルカラーのスローでなおかつ粘る釣りになる場合が多いです。

極端な場合は、超長いワームを投げることもあります。

魚の捕食活動は、いろいろな釣りをしてみるとわかりますが、ポイントやパターンは同一のものがあると思います。

ただ、シーバスの場合は、さまざまな川や岸辺やサーフ、その他、流れや波の影響もあり、その状態でも精通するルアーが必要であることから、ブラックバス釣りから比べるとバリエーションが少ないと思います。

 

色はというと、魚は盲目と言われていましたが、色を変えたりすると釣果につながる傾向があり、はっきりと見えているのではないかと思います。

シーバス 昼 河川 釣り方

先ほどまで説明している内容で、では河川でのシーバスゲーム、昼の釣りに関しては、川の濁りや水量の関係を説明した通りですが、もう一つ魚のポジションが問題です。

 

どこに魚がいるかどうかの判断が重要になります。これは、ベイトがどこにいるかと河川にベイトが入っているかどうかです。

 

ベイトといえど魚は魚のため、シーバスもベイトも魚のため、同じ動き方をします。

どのようにして判断するかというと、私の場合は、川に入っている酸素の量で判断します。

基本、川の状態は水量に影響され、シーバスの場合は、水温はさほど関係なく、魚が居心地が良い環境と言えば酸素の量で判断します。

 

そのため、酸素量が多ければ、ベイトも集まり、シーバスが入っているのではないかと予測します。

 

また、動き回っている個体が多いと思いますので、可能な限り遠投をおこなうことが重要です。

私の場合は、なるべくでかいルアーを使って遠投します。

 

そして集魚効果が高いルアーを使います。

その為、シーバス釣り用のルアーではないルアーも投げます。

たとえば、バズベイトの一番遠投できるルアーなどを投げます。

バズベイトはブラックバスだけではなく、ほとんどの魚に通用するルアーだと思います。

スプラッシュ音がかなりの集魚効果もあります。

 

また、水面上のリトリーブは、水中と違って魚をだましやすく、やる気がある魚がいれば、ボイルします。

 

シーバス 昼 河川 おもしろいポイント

通常シーバスのディゲームですが、長年釣りをしていると雨の影響をうけることが、個人的にわかってきました。

昨晩に雨が降り、川が増水すると魚が上がってきます。

そして、減水したときにあるポイントに溜まる可能性が高いことが良くあります。

 

私の場合は、河口から中流域に達する水門から噴き出している放水に頭を向けてシーバスが溜まっていることが発見できます。

 

その為、中流域のなるべく酸素量が多いえぐれている部分にルアーを通してみると案外にかかることがあります。

雨の増水でベイトを追って上がってきた魚が減水とともに行き場がなくなり、酸素量が多く隠れやすい部分に溜まる可能性があります。

 

また、河口から上流へ上がってきて、最初の浅場の流れ込みについている可能性もあります。パターンがハマると爆釣します!

 

シーバス 昼 ロングキャストに使うもの

シーバスゲームと言えば、90以上の長い竿でロングキャストするということが通常ですが、最近ではPEラインにスプレーをして、滑らかにPEが出て行くようにしますが、スプレーは高額ですね。

私の場合は、CRCのスプレーをよく吹きかけて使っています。

良いのかダメなのかはわかりませんが・・とにかくよく吹っ飛びます。たぶん円滑剤なのでリールには良いと思います。是非、お試しください!

>【10本セットでお買い得!】呉(クレ)潤滑剤の王様!!CRC5-56増量(20%)

シーバス 昼 リールのオススメ!シマノ エクスセンス

さて、最近出てきたシマノの「エクスセンス」というリールは、素晴らしい出来上がりではないかと思います。

リンクも貼っておきます。ブレーキも付いており、かなり使いやすいです。中でもハンドルの部分が大きくなり、夜のゲームでも使いやすくなっています。

シーバス専用に作られたリールなので、今までのリールよりもかなりお勧めです。その他、サクラマスなどの大型トラウトでも十分に使うことが出来ます。

今まで、シマノは少し重量感があるリールが多かったような気がしますが、エクスセンスは軽量化しているそうです。デザインもかなりカッコよくなっています。

シマノのリールにあまり見えませんですね。

(5)シマノ エクスセンスLB C3000MXG /レバーブレーキ付き//ソルトルアー/SW/SHIMANO/EXSENCE LB/シーバス/テクニウムベース/

最後に

皆さんも、時と場合を事前に判断して釣りをおこなうようにしましょう。

気象庁や国土交通省に河川情報や気候の情報が載っているので、そのような情報はもっとも参考になります。ぜひ参考にしてください。

2 件のコメント

    • ふみさま
      コメントを頂きありがとうございます。
      ご指摘のとおりです。

      気を付けて頑張っていきます!
      ありがとうございます。

      今後共宜しくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です