厚生労働省のストレスチェック実施でできること

itou86_wa-wa-20150222111031_tp_v

ストレスのチェックについて

 

胃の具合が悪い、最近目がよく疲れる、頭痛が激しい、なんとなく落ち着かない不安が続いている、このような場合はストレスかもしれません。
今、仕事や日常生活でストレスを抱えている人は日本人の5割ともいわれます。ストレスは大きな社会問題になっています。
働く方の50人以上いる会社ではストレスチェック制度が義務化され開始されます。あなたはストレスは大丈夫でしょうか。

 

ストレスのチェック方法

ストレスチェック制度は労働安全衛生法に基づくものでストレスを未然に防止するものです。ストレスの原因に対する
労働環境の調査等をおこないます。その結果、面接や指導が必要な労働者には医師の診断を受けることになります。
基本的には現在の労働環境と仕事をしている人の状態を見て、チェックをおこないます。
環境は集団分析をおこない、職場ごとに状態を確認します。その後職場環境の改善に活かします。
チェックに関して、最初にすることは、労働者のストレスの調査から始めます。方法は労働者にストレスに関する調査票を配布します。

 

企業での調べ方

 

形式は、社内のイントラネットを活用したり、ペーパーを利用して記入してもらったりします。国にでは、ストレスチェック簡易調査表を推奨しています。こちらは、厚生労働省のページ(職場におけるメンタルヘルス対策)からダウンロードできます。
どんなことを聞かれるかという内容ですが、調査票における設問は、例えば仕事に関して非常にたくさんの仕事をしなければならない。
時間内に仕事が処理しきれない。自分のペースで仕事ができる。また、最近1か月の状態について、元気がいっぱいだ(数字で表記)
ひどく疲れた(数字で表記)落ち着かない(数字で表記)気軽に話ができる(数字で表記)個人的な問題を聞いてくれる(数字で表記)などがあります。
厚生労働省では高ストレス者の選定、個人結果の出力、任意の職場単位ごとの集団分析などのデータ化を自動でできるプログラムを開発し無料で提供しています。
HPからダウンロードできます。ストレスチェックの結果は本人に直接提供されます。
個人の情報は数値や図表で確認することができます。また、セルフケアのアドバイス、医師の面接指導が必要かどうかなどが記載されます。

 

活用方法について

この情報は、会社に知られるかどうか不安な社員の方もいると思います。
もしストレスが高い結果が、会社に知られたらまずいと思う方、個人の情報なので不安になります。
しかし、ストレスチェックの結果は働く方の同意がなければ、事業者に通知することが禁止されています。
また、働く方が記入した情報は、個々の判定に左右されますので、人事権を持つ担当者が取り扱ってはいけないことになっています。

人事権がない方も情報を扱う際にも、健康情報をもらしたり、ストレスチェック以外の業務に利用してはいけないことになっています。

もし、結果で面接指導が必要になったら、どうすればよいのでしょうか。
調査の結果、面接指導になった場合は、事業者に申し出て、医師の面接指導を受けることになります。また、事業者は面接指導をした
医師から就業上での必要性の有無とその内容について意見を聞きそれを踏まえて、労働時間の短縮など、必要な処置を実施します。

また、対象となる方は、医師の相談を受けたため、処罰の対象としたりしてはならない決まりになっています。
(不利益な取り扱いは禁止)
ストレスチェックの結果が個人情報なことはわかりますが、会社全体で活かす方法はないのかといった点ですが
職場の部署ごとに分析したり、その部署がどのようにストレスをためやすいかなどを会社で活用することができます。

 

できるだけ、自分なりに発散する方法を持っていればよいのですが、無い場合は自分なりに工夫して解消法を見出したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です