富山市 良縁祈願 縁結び、夫婦円満の葛原八幡宮(くずはらはちまん)のパワースポット!

DSC43545242

今回は、富山県富山市の大沢野町にある葛原八幡神社です、鎮座の神様であり、そのおかげで村人も夫婦円満という神様です。女神が長年の恋がかなったとして有名なお話があり、この神社が夫婦円満であり、良い良縁の縁結びの神様の神社として祭られています。八幡神社なので地方では馴染みが深い神社ですね!

富山市 良縁祈願 縁結び 葛原八幡神社の言い伝え

この神社は、伝えによると冷泉天皇の安和2年(九六九年頃)に八幡の神様を招き千年以上も歴史のある神社であると言われています。平安時代にこの土地の開拓者が作られたものではないかと歴史にあります。

言い伝えによると、この土地でおおよそ二〇〇年前に葛原の隣町の小羽地区の八幡宮の女神が村人が寝ている枕元の前に立ち、夢の中で、私を隣町の葛原八幡の神社へ移してもらえないかということがあり、村人はその言葉のとおり、御神体を葛原八幡に移動をしました。お告げの通り、葛原へ移動した御神体は、葛原八幡の神様である男神に迎えられ、祈っていた、女神の夢は叶い、長年の恋が身を結んだとされています。

それ以来、男神と女神は仲良く、葛原八幡の象徴として一緒に並び鎮座していることから、円満や良縁の神様とされることとなり、縁結びの神様とされるようになりました。

女神の願いを叶えた、村人たちは、また夫婦円満な生活が出来るようになったと言い伝えられています。

富山市 良縁祈願 縁結び 葛原八幡神社 武門の神としても有名

さて、八幡信仰は全国各地でも有名だと思います。古来より、大分県宇佐市の宇佐八幡宮に始まり、誉田別命、玉依比売命、息長足比売命を八幡神とし、八幡大菩薩とも呼ばれる日本最初の神様であるとされています。一二〇〇年前ほどの時代では、一国に一社、八幡神社が存在しており、人々は参拝してたとされています。また、富山地区では、越中護国八幡神社は八一一年に建設されたことが始まりと言われています。

そのころは、国家鎮護、厄除け、武運、安産、育児の神様として祭られています。平安時代の終わりごろから弓矢八幡とも呼ばれるようになり、武士の信仰を集めて源氏の守護神として祭られていた時もあり、武門にも信仰が深い神様だといわれています。

また全国の神社の三割ぐらいは、宇佐八幡宮系で富山県でいうと、全部で300以上もあると言われています。

 


大沢野町中心部 国道41号線交差点から車で10分程度

葛原八幡宮神社

富山県富山市大沢野町葛原


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です