冬の雪道の歩き方は意識して歩こう

ame_yukinosy_TP_V

さて、本日記事を書いていますがかなりの大雪に見舞われました!大変ですした。色々な通りで事故が多発した一日でした。

さて、今回は知っておくと便利な、雪道の歩き方について紹介します。都会の人たちは雪を体験した方が少ないと思いますので是非ご参考にして、転ばないようにしてください。

雪道 歩き方 危険な場所

さて、歩くことは良いですが、かならず危険な場所があります。危険な場所と言えば滑る場所です。そしてぬかるんでいる場所もあります。

・店や店舗、テナントの入り口

こちらは、かなり滑ります。雪かきをしてない場合は、どんどん人が入ってきてだんだんスノーバーンになってカチコチに凍ります。その為、足元がすべります。

・歩道の脇道

通常人が歩いていると中心部は、轍ができて通りやすくなってきますが、角の部分が凍ってしまいここを踏んで体重をかけるとツルンとすべります。

・道路上や信号機の下や街灯

こちらは、よく道路を渡るときに転んでしまいます。よく除雪の無い道路は凍結します。その他、除雪の水がたまったりするので、ぬれる可能性もあるか所です。

雪道 転ばないで歩く方法

さて、問題の歩く方法ですが、都会の人と雪を経験している地方では、歩き方が違います。何もない普通の日なら同じだと思いますが、以下に記載しますので頭に入れておいて、ご参考ください。

・歩く歩数を細かくして

逆のことを考えると、大股で歩く人はいないと思います。これは当たり前ですが、大股に対し小股は、着地する角度が違います。内容のとおり、角度があれば滑りますよね。

・転ぶときは、お尻から転ぶ

良く前から思いっきり転ぶ人がいます。その他、横に倒れるが多いのではないかと思います。これは、歩く時の姿勢が前傾であるため、このような転び方をします。できれば、転ぶなっと思ったら尻餅をつくようにして転ぶようにしましょう。前から転ぶと手をついたりしますので、けがの原因になります。

・腕の振り方は小さく、バランスをとって

歩くときに腕を振ると思いますが、できるだけ小さなストロークやバランスを両手で取りながら進むようにしてください。あまり気が付く人も少ないですが、ある程度腕のスイングで歩行のバランスを取っている状態です。小さくバランスを取りながら進みましょう。

・少しかがんだ姿勢、ほんの少し前傾をとって

よく、アイススケートの初心者はしゃがんだような姿勢になってしまいます。これが、滑りそうなときに必死になって取っているバランスだと思います。ここまでとは言いませんが、少し前傾になり、慎重にバランスを取りながら歩きましょう。

・歩くときは、上からしっかり踏みつけるように

普通にあるくとかかとから着地しますね。そうではなくて、足全体を地面に踏むようにして歩きます。かかとやつま先から着地すると、雪道に角度がついてしまい、滑る原因になりますので、ゆっくりと足の裏全体を使って着地し歩くようにしましょう。

なかなか、言葉で言っていても難しいことがありますね。慣れてない都会だと雪がふっただけで、かなりあわただしくなりますね。私は地方なので慣れていますが、最近一気に降ってくると雪かきばかりで嫌になります。みなさんも参考にして転ばないように歩いてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です