夏のダメージ肌対策!

TSU_otakara_TP_V

夏は紫外線や汗、冷房などの影響で肌に大きなストレスやダメージを与えています。

普段より肌がゴワゴワしたり、くすんだり、紫外線の影響によるシミやそばかすまで…

なるべく紫外線に当たらないようにしようと思っても、100%カットすることは不可能だし、できるだけダメージを少なく肌ストレスを取り除けるように毎日コツコツと手入れをしていきたいですね。

 

夏のダメージ肌対策! ダメージを受ける原因

紫外線によるダメージ

紫外線は日焼けやシミ・そばかすといった肌の表面にでてくるダメージ以外にも、肌の角層部分の水分を奪い、コラーゲンを破壊します。これがシワやたるみの原因となります。また、紫外線は肌の肌の内部・基底層にまで届き傷つけるため、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れやすくなります。これにより、肌がゴワついたり、くすみの原因になったりします。

 

汗・皮脂によるダメージ

肌は汗と皮脂が絶妙なバランスで混ざり合ってできた皮脂膜で覆われています。この皮脂膜が肌のバリア機能として外界からの刺激から肌を守ったり、肌内部の潤いの蒸散を防ぐ役割をしていますが、夏場は汗や皮脂が多く分泌されますので、肌のpHバランスが乱れニキビや乾燥、炎症などの肌トラブルが起きやすくなります。

 

冷房によるダメージ

エアコンの影響で乾燥した部屋に長時間滞在すると、肌の保湿機能も低下傾向になります。また、外で大量の汗をかいても、室内に入ったとたんに冷房の影響でその汗が乾き、同時に必要な皮脂まで奪ってしまいます。その影響で急激に肌が乾燥してしまうのです。

 

夏のダメージ肌対策! ダメージ肌の状態と手入れ

保湿ケア・美白ケアは朝も重要

夏のダメージを受けた肌は、ターンオーバーが乱れてしまい、新陳代謝がうまくできなくなってしまいますし、肌のバリア機能も衰えてしまうために肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

肌が乾燥していると、美白などのケアをしても効果がでにくくなります。徹底的な保湿を心がけることが重要になります。

保湿ケアは、夜寝る前だけではなく朝にすることも重要なポイントとなります。朝から夜にかけての時間のほうが長く日差しを浴びたり、冷えすぎた室内に長時間いることが多くなるため、肌へのストレスを少しでも軽減するために朝の保湿ケアが重要になってきます。

また、暑いから汗をかくからという理由で乳液や保湿クリームを敬遠しがちですが、洗顔後、保湿力の高いシートマスクをした後、乳液や保湿クリームの油分で、水分を逃さないようにすることが大切です。

 

美白ケアは秋も継続

日差しが弱くなる秋になると、美白ケアはやめてしまう方もいらっしゃると思います。ですが、夏の紫外線の影響が出てくるのは秋になってからなので、秋こそ美白ケアが大切になってきます。

美白効果のある化粧品は、シミの目立つ部分だけではなく顔全体に使います。それは、シミとして肌表面に出てきている以外にも肌の奥に「シミ予備軍」が潜んでいるためです。

 

夏のダメージ肌対策! 角質ケア

肌は夏の刺激を防ぐために分厚い角質で守ろうとします。そのため、いつも通りのやり方で手入れをしようとしても効果が出にくくなります。まずは、分厚くなった角質を取り去るケアが必要になります。

肌を触ったときにゴワつきやザラつきが気になる場合はゴマージュを、くすみが気になる場合はピーリングでケアするといいでしょう。

ゴマージュとは-肌のゴワつきやザラつきが気になる場合-

ゴマージュとは、ハーブや植物の種などの植物由来の原料を使って、肌を優しく擦り古く不要になった角質を取り除きます。市販品を使えば自宅で気軽に行うこともできます。また、フェイシャルだけでなくボディにも用いることがあります。

最近では、スクラブ(ポリマーなどのスクラブ素材で肌表面を擦って摩擦により古い角質や汚れを洗い落とす角質ケア)と同じように扱われることもあります。

ゴマージュを行う際は、肌に刺激を与えて防衛機能を更に働かせることのないように、摩擦を避けて押すようにします。

 

 

ピーリングとは-くすみが気になる場合-

  • ピーリング洗顔とは、ピーリング石鹸などを用いて、洗顔しながら肌表面の不要な角質などを洗い流す洗顔方法。毎日の洗顔料と置き換えて取り入れられます。
  • ケミカルピーリングとは、美容クリニックなどで施してもらう酸を使った角質ケアの方法です。角質を溶かすため、頻度や方法など注意が必要です。

ピーリングを行う際は、蒸気などで肌をゆるめてから柔らかなタッチで施します。

 

ゴマージュやピーリングを行った後は、しっかりと洗い流し、保湿します。このときにお勧めなのが、化粧水の前に導入美容液を使用する方法です。導入美容液は化粧水の通り道を肌に作るため、化粧水やその後に使う保湿クリームなどの効果も高めてくれます。

ただし、やりすぎても逆効果になりますので、頻度などは気をつけて行いましょう。

 

夏のダメージ肌対策! 美白ケア 朝と夜のお手入れ

朝のケア、テーマは「刺激から肌を守る」

まず朝の美白ケアは「守り」です。
日中の活動するお肌の準備のケアといっていいでしょう。
体の内外からの刺激を守ってあげるケアになります。
具体的に言うと、日焼け止めやファンデで紫外線を予防する、さらに美容液などで紫外線を浴びても肌の内部でダメージがおきないようにする、乾燥を防ぐなど。

 

夜のケア、テーマは「修復と保湿」

シミの大敵となる紫外線を浴びるのは日中ですから、この守りのケアが実はとても積極的な美白ケアになります。
次に夜の美白ケアは「攻め」です。
眠っている間に肌は再生されるため、そのリズムを利用して、部分用の美白美容液でシミを薄くしたり、消したり、また寝る前の時間にもシートパックやクリームで肌細胞そのものを修復し保湿をおこなったり、美白ケアに加えて保湿なども考慮したケアを肌のために行います。

夜に攻めの手入れをすることにより、次の朝には肌が受けた前日のダメージが修復・リセットされ、新しい一日の活動をまた新にスタートさせることができます。

 

夏のダメージ肌対策! 秋老けにならないために

秋の肌は、夏の紫外線などのダメージで肌の疲れが表面化してきます。

シミやそばかすが濃くなったり、増えたり、乾燥によるシワも出始めてなんだか老けたと感じることがあります、これを「秋老け」といいます。

夏の間からしっかり紫外線対策・保湿・美白対策を取り入れておけば、秋老けを回避もしくは一時的なものにすることができます。

とにかく、秋は乾燥とくすみが肌に出やすくなります。気温も下がってきて夏のように毛穴が開いたり、皮脂に悩んだりすることは少なくはなりますが、湿度も下がるため肌の乾燥も一気にすすみます。肌の代謝が下がり顔色がくすんで見えたり、ターンオーバーが乱れるなどの影響もでてきます。

これを解消するためにも、スキンケアとしては角質ケアをしてターンオーバーを正常に戻すケアなども継続して行うと効果的です。

 

 

夏のダメージ肌対策! まとめ

夏の肌は、紫外線や汗、冷房などによりやはりダメージを相当受けているようです。ダメージを長引かせないように、なるべく毎日こまめにコツコツとケアをしていくことが大切だと実感しました。ターンオーバーの乱れは、紫外線だけではなく、睡眠不足や肌の栄養不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどが原因ともなります。暑くて寝られない、食欲がないなどの場合もターンオーバーが乱れやすくなりますので、日々の生活から気をつけていきたいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です