トムヤンクン 簡単に家庭でできる材料と作り方

PAS8745645450I9A2063_TP_V

さて、今回は、タイの有名なスープ、世界三大スープと呼ばれる料理です。先日、家でも作ってみました!

感想は、かなり辛いです。汗だくになって食べました。

簡単なキッドを買ってきて作ってきました。都内や山間部ではなかなか、スープの素を手に入れることは難しいですね。その為、ネットで色々と探してきましたのでご紹介します。

エビときのこ、鶏肉ぐらいで十分な味を再現できますのでぜひ、お試しください!

 

トムヤンクン 簡単に家庭で料理 セット

 

私が使ったのはこの商品です。かなり本格的な味になりましたので、好きな方はぜひ試してみるとよいです。一番良いのは、コストの割にはかなりの量です!本場のスープのダシに使う薬草をお湯の中に入れてダシを取るタイプです。唐辛子が3つ丸ごと入っています。他の商品と違い1Lほどのスープが出来上がりますので、作り置きもできてGOODです!

 

トムヤンクン 簡単に家庭で料理 辛過ぎない作り方

この商品を使って、辛過ぎない様に作ってみました!1回目は普通に調理すると、かなりの激辛になって、さすがに箸が進みません(笑い)

その為、最初、沸騰したお湯にハーブを入れるのですが、唐辛子の量を3本から1本に減らして入れます。その後は、説明の通り作っていくのですが、最後にヨーグルトを入れます。そして、砂糖を大さじ2杯ぐらいちょっと多めに入れます。このようにすると、辛くなくなるのではなくて、辛さを緩和するような味に仕上がります。

トムヤンクンうどん 簡単に家庭で料理 作り方

さて、今度はうどんを入れて試してみました。

作り方は、最後に冷凍のうどんを入れました!最初から入れると麺の色が変色するのとうどんに芯がなくなりおいしくありませんでした。つまり、最後にさっと茹でて仕上げた方がしっかりと作れます。

味の方は、スープは辛いがうどんに甘みができて、素晴らしくちょうど良い感じになりました。

下記の商品はフォーとトムヤンクンが合体した商品です。すぐに食べたい場合はこのような商品がお勧めですので、ご参考にしてください。

トムヤンクン 辛さを調節する方法について

トムヤンクンの辛さの原因は、「トムヤンクンセット」で実際に材料を確認したときにわかりましたが、絶対の原因は、唐辛子です。ただ、使い方を間違えるとかなり激辛になります。たとえば、ハーブ類の中に唐辛子を最初から入れるのと、途中から入れるのは全然違います。

経験談で言うと唐辛子は、湯がけば湯がくほど辛くなるような気がします。最初から3本もお湯の中で湯がくのだから、そうとうの辛さです。

しかし、ある程度辛くないと、風味と味のパンチ力はありません。

そういうことで、私のおすすめ方法は、途中から唐辛子専用の袋を入れて、ちょうど良い味になった時にスープから出す!

これが、一番良い方法です!味見をしながら辛さを調節していくこと。唐辛子をうまく多くしたり減らしたりして調整をします。

トムヤンクン 辛さ 効果と健康について

このスープですが、飲んでいるときと後では、たくさんの汗をかきます。唐辛子のカプサイシンという物質が、体から汗を出して、体の代謝を高めると共に、ダイエットなどにも良いとされています。

そういえば、韓国のかたが、辛い物ばかりたべるとありますが、やはり、お肌がきれいだったりします。

髪の毛にも良いとされている記事も見たことがあります。

良いことづくめですね!

 

是非皆さん、お試しください!!

辛くなってからではもう遅いですから(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です