ビタミンEは若返りのビタミン!?

Photoelly032_TP_V

皆様こんにちは。

ビタミンにはたくさんの種類がありますが、その効果はご存知でしょうか?

私は、「ビタミンCはシミやそばかすの予防になるもの」というくらいの知識しかありませんでした。

ですが、高野豆腐の記事を書いていたときにすごく気になった栄養素がありました。

それが「ビタミンE」でした。

その他にも、ビタミンにはとてもたくさんの種類があり、それぞれが体を健康に保つための働きをしてくれていることを知りました。

そんなビタミンについて、特に「ビタミンE」を中心に紹介させていただきます。

 

ビタミンEは若返りのビタミン!? ビタミンとはどのようなものなのか

ビタミンは、体の中だけでは必要量を作り出すことができないため、食品から摂取しなければいけない栄養素のひとつで、人が健全に成長し、健康を維持する働きを担っています。つまり、ビタミンは他の栄養素がうまく働くための潤滑油のような役割を果たしています。

ビタミンには水溶性と脂溶性のものがあります。

  • 水溶性ビタミン・・・・水に溶けやすいビタミン。水洗いや加熱処理による損失が大きい。茹でる・煮るよりも蒸す・炒めるに適しています。過剰に摂取しても尿で排出されます。
  • 脂溶性ビタミン・・・・水に溶けにくく油に溶けやすいビタミン。水洗いや加熱処理による損失が少ない。油と一緒に調理することにより吸収力が高まります。過剰に摂取した場合は尿で排出されることがないため、人体に害を及ぼすことがあります。

 

ビタミンが不足すると、体が疲れやすくなり体調不良を招きます。

食生活が偏ったりするとビタミン不足に陥りさまざまな欠乏症を引き起こしますが、ビタミンをサプリメントで補う場合、ビタミンの種類によっては、過剰摂取で体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

ビタミンEは若返りのビタミン!? ビタミンEとは

脂溶性ビタミンの一種。植物・藻類・藍藻などの光合成生物(光合成を通じてエネルギーを獲得する生物)によって合成されます。用途は広く医療品、食品、飼料、栄養補助、食品添加物(酸化防止剤)の他に疾病の治療などに使用されています。

 

ビタミンEの働き

抗酸化作用により、体内の細胞膜の酸化による老化、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化による動脈硬化などの生活習慣病の予防になるといわれています。

他にも、体を構成する細胞を覆う膜を不飽和脂肪酸といいますが、活性酸素(図1)は、この不飽和脂肪酸を酸化させることで過酸化脂質を形成させ老化やガン誘発の原因となります。ビタミンEは細胞膜に常駐し過酸化脂質の生成の連鎖をとめます。(図2)

※ビタミンEは脂質に溶ける性質があるため、細胞膜の脂質(不飽和脂肪酸)部分に入り込んで細胞膜を守っていると考えられています。

図1.活性酸素のもととなるもの

vitaminE-kassei

 

図2.【補足】ビタミンCがここにあると、そこから電子が渡されビタミンEラジカルは再びビタミンEに戻りその活性を取り戻します。

vitaminE-hataraki

 

ビタミンEは抗酸化ビタミン

体内の脂質の細胞膜の酸化による老化や血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化などを予防するとされているビタミンE・ビタミンCと活性酸素を消去するとされているβ-カロテンなどのことを抗酸化ビタミンといいます。

 

 

ビタミンEは若返りのビタミン!? ビタミンE以外のビタミンの働き

【ビタミンA】

脂溶性のビタミンで、網膜細胞の保護やDNAの遺伝子情報の制御に用いられます。ビタミンAが欠乏すると夜盲症を発症するといわれています。

β-カロチンを多く含む緑黄色野菜(にんじん、ピーマン、ホウレンソウ、小松菜、かぼちゃなど)、鶏卵、牛乳、レバーなどに多く含まれます。

 

【ビタミンB群】

水溶性のビタミンで、人が生きるために必要なエネルギーを作り出すために欠かせない栄養素です。

ビタミンB群は単体では効果を発揮しにくく、お互いを助け合いながら働くため、ビタミンB群は一緒に摂ることが望ましいといわれています。

[ビタミンB群に属する栄養素]

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸など。

 

【ビタミンB1(チアミン)】

糖分をエネルギーに換えるために必要。ビタミンB1が欠乏すると脚気、疲労、肩こりなどがおきやすいといわれています。

豚肉、酵母、玄米などに多く含まれます。

 

【ビタミンB2(リボフラビン)】

脂質をエネルギーに変換したり、皮膚・爪・頭皮や粘膜の健康状態の維持のために必要。ビタミンB2が欠乏すると、成長停止、早期老化、角膜炎、皮膚炎、口内炎、咽頭痛などがおきやすいといわれています。

鶏卵、レバー、アーモンド、納豆などに多く含まれます。

 

【ビタミンB6

アミノ酸の代謝や神経伝達、ヒスタミン合成やヘモグロビン合成などに用いられます。ビタミン6が欠乏すると痙攣、てんかん発作、貧血などがおきやすいといわれています。

にんにく、レバー、マグロ、かつおなどに多く含まれます。

 

【ビタミンB12

葉酸と協力して末梢神経障害や悪性の貧血に用いられます。ビタミンB12が欠乏すると赤血球が減ったり、異常な大きさの赤血球ができてしまうことがあり、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)という悪性の貧血になることがあるといわれています。

レバーや牡蠣・あさりなどの魚介類に多く含まれます。

 

【パントテン酸(ビタミンB5)】

糖や脂肪酸代謝にかかわる物質で、語源はギリシャ語で「どこにでもある酸」という言葉通り食品中に広く存在し通常の食生活を送る上では、不足になることはあまりないといわれています。欠乏すると皮膚炎、頭痛、末梢神経の麻痺や痛みなどがおきやすいといわれています。

 

【ナイアシン(ビタミンB3)】

糖質・脂質・たんぱく質の代謝に不可欠なもので、循環系、消化系、神経系の働きを促進するなどの働きがあります。欠乏するとペラグラ(代謝内分泌疾患)、口舌炎、胃腸障害、皮膚炎などがおきやすいといわれています。

カツオ、サバ、ブリ、レバー、鶏ささみ、たらこ、豆類などに多く含まれます。

 

【葉酸】

ビタミンB12と協力して血液を造る働きがあります。欠乏するとビタミンB12の欠乏と同様に巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)という悪性の貧血になることがあるといわれています。

新鮮な緑黄色野菜や果物、レバーなどに多く含まれます。

 

【ビオチン(ビタミンB7)】

疲労物質(乳酸)の代謝、DNA合成への関与、アトピー性皮膚炎の原因となるヒスタミンの前駆体であるヒスチジンの排泄促進などの働きがあります。欠乏すると白髪、脱毛、湿疹、炎症、結膜炎、筋肉痛、疲労感、食欲不振、不眠などが起こるといわれています。

魚介類、きのこ類、ナッツ類などに多く含まれます。

 

【ビタミンC】

コラーゲンを作り出すのに不可欠なもので、これによって皮膚や粘膜の健康維持ができたり、免疫力を高めたり、鉄の吸収をよくする働きがあります。他にも、抗酸化作用があり有害な活性酸素から体を守る働きをするため、動脈硬化や心疾患の予防が期待できます。欠乏すると壊血病を発症するといわれています。

野菜や果物に多く含まれる。(柑橘類、キウイフルーツ、柿、トマト、ブロッコリーなど)

 

【ビタミンD】

脂溶性のビタミンで、血中のカルシウム濃度を高める作用があります。ビタミンDは食べ物からだけではなく日光を浴びることでも得ることが出来ます。(紫外線を浴びることによりビタミンDを生成する)

欠乏するとくる病や骨軟化症、骨粗しょう症などを引き起こすことがある。

ビタミンDにはD2~D7まで6種類存在しますが、人にとって重要なビタミンはD2とD3の2つです。ビタミンD2 は植物由来、ビタミンD3 は動物由来です。

ビタミンD2 は、干ししいたけ(天日干し)・きのこ・海藻類など、ビタミンD3は魚介類、肝、卵などに多く含まれます。

 

【ビタミンK】

脂溶性のビタミンで、止血や骨の健康維持、動脈の健康を保つ作用があります。欠乏すると怪我をしたときに止血しづらくなったり、骨粗しょう症や骨折、動脈硬化、幼児の場合は他にビタミンK欠乏性頭蓋内出血、腸内出血などが起こるといわれています。

納豆・小松菜・ホウレンソウ・春菊・ひじき、抹茶などに多く含まれます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です